民進、希望が働き方改革対案

 民進党と希望の党は8日の合同会議で、政府が今国会に提出予定の働き方改革関連法案の対案の要綱素案を了承した。高収入の専門職を労働時間規制から外す高度プロフェッショナル制度を削除し、終業から始業までに一定の時間を置く「勤務間インターバル制度」を企業に義務づけるなどの内容。月内の国会提出を目指し立憲民主党などに共同提案を呼びかける。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ