森友文書 財務省「原本の写し」提出 蓮舫氏「0.1ミリも進んでいない」

 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却をめぐり、財務省は8日の参院予算委員会理事会で、朝日新聞の報道で問題発覚後の書き換え疑惑が指摘された決裁文書「原本の写し」を提出した。写しはチェックマークがついているほかは、同省が国会議員に昨年開示した文書と同じ記載内容だった。同省担当者は異なる記載内容の文書の存否について「調査中」と回答、野党側は書き換えの有無を明言していないと反発し、8日の予算委は民進、共産、立憲民主の3党と会派「希望の会」(自由・社民)が欠席のまま審議が行われた。

 文書は与野党が8日中の国会提出を求めていた。財務省が理事会に提出したのは「貸付決議書」「売払決議書」の写し。それぞれ紙のものとPDFファイルを印刷したものがあり、4種類で計約500枚ある。

 立民の蓮舫参院国対委員長は財務省の対応について、記者団に対し「1ミリどころか0.1ミリも前に進んでいない」と批判した。

 予算委で安倍晋三首相は「財務省は捜査に対する影響を配慮しつつ、国政調査権ということも重々踏まえ調査を進めている。ただ、国会でこれだけ大きな問題となっており、早期に説明できるよう財務省を挙げて最大限努力をしてもらいたい」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ