茨城県30年度予算案 朝鮮学校補助金は計上せず 大井川和彦知事「現在の状況では困難」 29年度に引き続き

 大井川和彦知事は平成30年度当初予算案に、茨城朝鮮初中高級学校(水戸市千波町)への運営補助金を前年度に続いて計上しなかった。同校への補助金は27年度まで交付されてきたが、橋本昌前知事が28年度当初予算案に盛り込んだ交付金を補正予算で削除して交付せず、29年度は計上しなかった。

 大井川知事は23日の記者会見で「北朝鮮と密接な関係を持つ朝鮮総連の学校への関与など、現在の状況が続く間は補助金交付は困難だ」と強調。再び交付する可能性については「今後の状況を踏まえながら判断したい」と述べるにとどめた。

 朝鮮学校に対する補助金をめぐっては、文部科学省が28年3月、朝鮮学校を認可している都道府県に対し、「交付目的に沿った適正な支出」を求める通知を出している。

 同校の関係者ら5団体は補助金の復活を求め、20日に県庁を訪れ、大井川知事に対する質問書を提出している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ