安倍晋三首相“魔の3回生”と会食 「地元回って声を拾って」

 安倍晋三首相は13日夜、首相公邸で自民党の衆院当選3回生約20人と会食し、「1回生から3回生は国民の皆さんに近いので、よく地元を回って声を拾い、自民党の議論を活性化させてほしい」などと激励した。

 出席者によると、首相は昨年10月の衆院選で当選したことをねぎらった上で、憲法改正について「議論することが大事だ。若い世代の(議員の)中でもしっかり議論してほしい」と呼びかけたという。

 首相は1日には当選1回生約20人を、8日にも当選2回生約20人を首相公邸に招いて会食している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ