日本の深刻な後継者不足、自民党にまで…派閥領袖は70歳代が続々

 【政界徒然草】

 中小企業、農業、伝統工芸の職人…。日本は各方面で後継者不足が深刻だが、自民党も例外ではなさそうだ。第3派閥の額賀派が額賀福志郎会長(74)の退任騒動で揺れている中、党内を見渡すと、主要派閥には額賀氏のような70歳以上の高齢会長が目立つ。カリスマ性を持つ実力会長を抱えるがゆえに、めぼしい後継候補が不在の派も多いのだ。派閥は任意団体で、会長職に任期や改選などはないが、派閥運営の今後に頭を悩ませているケースは多い。

 自民党の7派閥のうち、最大派閥の細田派(清和政策研究会、95人)を率いる細田博之会長は73歳で、第2派閥の麻生派(志公会、59人)の麻生太郎会長は77歳の喜寿を迎えた。第5派閥の二階派(志帥会、44人)では、党全体も率いる二階俊博幹事長が派閥領袖として最高齢の78歳だ。今月17日に79歳となる。

 この3派に共通するのは、めぼしいポスト「細田」「麻生」「二階」候補が見当たらないことだ。

 細田派は安倍晋三首相(63)の出身派閥だが、仮に首相が9月の党総裁選で3選を決め、任期満了まで務めるならば、平成33年9月まで派に戻らない。同派には文部科学相や党総務会長を務めた塩谷立選対委員長(67)や、首相が「ポスト安倍」候補として期待する稲田朋美元防衛相(58)らがいるが、巨大派閥を一手にまとめ上げるような細田氏の後継候補は見当たらない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ