安倍首相とICAN事務局長の面会 政府答弁書「内閣府通じた要請の事実確認できず」

 政府は30日、ノーベル平和賞を受賞した「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)側からベアトリス・フィン事務局長と安倍晋三首相との面会要請が内閣府を通じてあったかについて「事実は確認できなかった」とする答弁書を閣議決定した。立憲民主党の逢坂誠二衆院議員の質問主意書に答えた。

 ICANの主要運営団体「ピースボート」によると、ICANは昨年12月下旬から内閣府を通じて2回、1月12~18日の日程で来日したフィン氏と安倍首相との面会を求めていたという。面会は実現せず、フィン氏は「大変残念だ」などと述べた。

 菅義偉官房長官は今月15日の記者会見で面会しなかった理由を「日程の都合上、難しい。それ以上でもそれ以下でもない」と説明した。

 答弁書は、面会が実現しなかった理由を「菅官房長官が述べているとおりだ」とし、再度要請があった場合に関しては「首相の日程などを踏まえて対応する」と明記した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ