公明党・北側一雄副代表、立民の憲法論議姿勢に苦言「議論しないのはいかがなものか」

 公明党の北側一雄副代表は25日午前、党本部で記者会見し、立憲民主党の枝野幸男代表が24日の代表質問で、安倍晋三政権下での改憲論議に応じない姿勢を改めて強調したことに対し、「議論をしないというのはいかがなものか。憲法審査会が国会にあるわけだから」と苦言を呈した。

 枝野氏は代表演説で、「国のかたち、理想の姿を語るのは憲法だ」という首相の憲法観について「特異な認識」と断じた。枝野氏の指摘について、北側氏は「(憲法で)権力を制約していくことは歴史的にも大事な意義だが、それだけに限るかというとそうではない。やはり、この国のあり方について、憲法の中に書き込んでいくことは1つの意義だ」と語り、首相の憲法観を擁護した。

 北側氏は党憲法調査会長も務めている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ