竹島・尖閣資料館「国民の理解を求めることが大切」 江崎鉄磨担当相が開館視察

 日本固有の領土である尖閣諸島(沖縄県石垣市)と韓国が不法占拠している竹島(島根県隠岐の島町)に関する情報を発信する「領土・主権展示館」が25日、東京都千代田区の市政会館内で開館した。館内を視察した江崎鉄磨領土問題担当相は記者団に「これからも全国に呼びかけて、中身の濃い資料が集まればさらに充実する。国民に理解を求めることが大切だ」と語った。

 領土問題に関する常設の展示施設を政府が設けるのは初めて。中国や韓国の主張に正当性がなく、日本固有の領土だとの理解を深める狙いがある。

 展示館には、尖閣諸島や竹島が日本の領土と確定した経緯を説明するため、昭和27年発効のサンフランシスコ平和条約や、領土編入の閣議決定に関する資料など計59点が展示されている。

 入館無料。開館時間は午前10時から午後6時までで、土、日曜、祝日と年末年始は休館となる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ