市場移転、なお火種 築地再開発の影響で豊洲の観光拠点は見通せず どうする小池知事?

 築地市場(東京都中央区)の豊洲市場(江東区)への移転問題は、当初の計画よりも約2年遅れで豊洲市場が開場することで決まった。しかし、小池百合子都知事が打ち上げた築地再開発の基本方針の影響で豊洲市場内の観光拠点の整備が見通せず、江東区が都に対して今年度中の整備の「確約」を注文する事態になっている。事業者は築地再開発の中身が分からない状況では判断できないとしており、市場問題はなお火種を抱えている。(社会部 高久清史、高橋裕子)

早くて平成32年以降

 平成29年12月18日、長谷川明副知事が開場日決定に向けた地ならしのために江東区役所を訪れ、山崎孝明区長に豊洲市場内の観光拠点「千客万来施設」の実現が不透明になっていることなどをめぐり陳謝したとされる。同施設は市場移転にあたって築地のにぎわいを豊洲に継承し、発展させることなどを目的としており、都が江東区に整備を約束していた。

 「年度内には(整備に向けて)しっかりとした確約をとれるようにすべきだ」。山崎区長は長谷川副知事に対して、強く要請したとされる。その後、江東区と区議会は同施設整備などを条件に30年10月11日の豊洲開場を了承した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ