河野太郎外相「しっかり平和と国益守る」 自民総裁選の対応には触れず

 河野太郎外相は3日、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮をめぐる問題に関して「さまざまな情勢がある。しっかりと国の平和と国益を守っていきたい」と語った。年頭に当たり、東京都内で記者団の質問に答えた。

 今秋に実施される自民党総裁選への去就では「当面の外交課題にしっかり対応していきたい」と述べるにとどめた。

 河野氏は3~7日の日程でパキスタン、スリランカ、モルディブの3カ国を訪問。各国の外相らと会談し、日米両国が推進する「自由で開かれたインド太平洋戦略」への理解を求め、浸透を図る考えだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ