森田健作・千葉県知事 就任9年目…今年の抱負は?「清潔さのある千葉県に」

 森田健作知事は就任から9年目の新春を迎えるにあたり、産経新聞の取材に応じた。知事選、東京湾アクアライン開通20年など大きな節目があった昨年を振り返りつつ、今年は新総合計画や目前の東京五輪・パラリンピックの準備に力を注ぎ、「次世代へのレガシー創出に全力で取り組みたい」と抱負を語った。(聞き手 中辻健太郎)

 --昨年は知事選で3選を果たした

 「3回目の知事選で100万超えの得票で選んでもらえうれしかった。自信を持ち、県民のためチーム森田でがんばれると思えた」

 --3期目の思いが込められた新総合計画にかける意気込みは

 「女性の活躍や、保育士の待遇改善などの子育て支援に注力した。目立たなくても千葉らしくまじめに1つ1つこなしたい。次世代につなげる光り輝く千葉を作るのが私たちの使命だ」

 --昨年のできごとで印象深かったものは

 「地質時代の「チバニアン」命名が見込まれるようになり、地球史に千葉の名前が刻まれるのは誇らしい。観光地としての受け入れ整備を、地元が主役になり進めてもらいたい」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ