朝鮮人民軍恐れおののく航空艦砲連絡中隊 韓国に英雄少ない「自殺行為」とは?

 【野口裕之の軍事情勢】

 米海兵隊には《航空艦砲連絡中隊=アングリコ=ANGLICO=Air-Naval Gunfire Liaison Company》と呼ばれる、北朝鮮・朝鮮人民軍が恐れおののく部隊が存在する。部隊自体の火力・戦闘力は極めて小さいものの、陸海空軍&海兵隊といった軍種を超えて火力の命中率を最大値へと導く「眼力」を備えた部隊だ。米軍はイラクやアフガニスタンでもANGLICOを有効活用し、戦果を上げている。

 朝鮮戦争(1950~53年休戦)再開をにらみ、米海兵隊は韓国海軍隷下の海兵隊との米韓合同軍事演習でもANGLICOを投入している。といっても2014年頃以降の話で、今後も演習実績を積み重ねる必要がある。

 新年最初の小欄のテーマをANGLICOに決めたのには2つのワケがある。一つは、わが陸上自衛隊にもANGLICOが新編されたからだ。遅すぎたくらいだが、まずはめでたい。もう一つは、陸自版ANGLICO新編で、朝鮮戦争で極めて大きな武勲を立てた、筆者が敬愛する韓国陸軍の将官を思い出したためだ。

陸自が決断した海空自への「統合火力誘導」

 最初に、陸自の野戦特科(火砲)部隊を例に陸自版ANGLICOの任務を説明しよう。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ