5月のサイバー攻撃 「北朝鮮の関与」日本政府も明言

 菅義偉官房長官は20日午前の記者会見で、今年5月に世界各地の病院や銀行などに被害を与えたサイバー攻撃に北朝鮮が直接関与していたと米政府が発表したことに関し「わが国として事案の背後に北朝鮮の関与があったと承知している」と述べた。

 サイバー攻撃をめぐっては、トランプ政権高官が19日に「北朝鮮政府による直接の指令を受けて実施された」と断言していた。

 菅氏は、日本政府として北の関与があったと判断した理由について「事柄の性質上控えたい」と述べるにとどめた。

 サイバー攻撃は約150カ国で発生し、世界の企業や銀行、病院などが狙われた。日本でも日立製作所でシステム障害などが発生した。

 一方、外務省は20日、「北朝鮮の関与を非難する」との外務報道官談話を発表した。「サイバー空間の安全は国際社会の平和と繁栄を確保する上で極めて重要だ」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ