自民の憲法改正議論にブレーキ そのワケは大勝したはずの衆院選に!?

 【政界徒然草】

 自民党の憲法改正議論のペースが明らかに遅くなった。当初は年内に改正案をまとめる目標を掲げていたが、年内は具体的な条文案どころか、テーマごとの論点を指摘するだけで議論を終えそうだ。この調子では来年の通常国会に改憲原案を提出する目標は難しい。党幹部に事情を聴くと、ブレーキの原因は大勝したはずの10月の衆院選という。比例代表の得票差が与野党でほとんどなくなったことが、自民党の改憲論を尻込みさせているというのだ。

 12月6日、約1年ぶりに議論を再開した参院憲法審査会。冒頭で発言した自民党の磯崎仁彦氏(60)は、党を代表して憲法改正議論の現状をこう説明した。

 「自民党の憲法改正推進本部では、9条に自衛隊を明記することで、合憲・違憲問題を払拭する。具体的にどのような条文にすればいいのか、議論を深めているところだ」

 磯崎氏は9条に加え、緊急事態条項▽教育無償化・充実強化▽参院の「合区」解消-の改憲4項目について議論を進めていることも強調した。ただ、条文案をいつまでにまとめるかや、国会の憲法審査会の提案時期などは言及を避けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ