北ミサイル発射 「高度4000キロはるかに超えた」 小野寺五典防衛相

 小野寺五典防衛相は29日朝、北朝鮮が同日発射した弾道ミサイルについて、「4000キロをはるかに超える高さに達した」と述べ、「ICBM(大陸間弾道ミサイル)と判断するべき能力だ」との分析を示した。防衛省で記者団に語った。

 小野寺氏は、意図的に飛行距離を抑えるロフテッド軌道による発射だとの見方を示したうえで、通常の角度で撃った場合、一般的にICBMの最短射程とされる飛行距離5500キロを「はるかに超えると思う」との見方を示した。

 弾道ミサイルの発射数については「今のところ、1発だと判断している」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ