米海軍輸送機の墜落事故で安倍晋三首相が哀悼の意 

 安倍晋三首相は27日、米海軍C2輸送機が22日に沖ノ鳥島(東京都)北西約150キロの公海上に墜落し、乗っていた米軍人3人が死亡した事故を受けて、トランプ米大統領に「亡くなられた方々やご家族に対し、心から哀悼の意を表する。痛恨の極みであり、日本国民も米国民の深い悲しみとともにある」とのメッセージを送った。

 また、首相はメッセージの中でトランプ氏のアジア歴訪について触れ、「大成功だった」とたたえた。その上で「日米同盟は日本とアジア太平洋地域の平和と安定の礎だ。これからもドナルド(トランプ氏)と引き続き緊密に連携し、日米同盟の絆を一層強固にするとともに、地域の平和と安定の確保のためにともに協力していく決意だ」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ