北朝鮮拉致で国際シンポ 12月に東京都内で 国連報告者が講演

 加藤勝信拉致問題担当相は17日の記者会見で、北朝鮮による日本人拉致問題に関する国際シンポジウムを12月16日に東京都内で開くと発表した。北朝鮮の人権問題を担当する国連のキンタナ特別報告者が出席し、基調講演する方向で調整している。

 加藤氏のほか、日米韓3カ国から北朝鮮問題の有識者が参加する。加藤氏は「北朝鮮に対する国際的な圧力の効果を検証し、今後の北朝鮮情勢を議論する」と説明。「被害者やご家族の高齢化が進む中、一刻の猶予も許されないとの切迫感を共有し、帰国に全力を尽くす」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ