メラニア氏、昭恵氏に「なぜ韓国の話ばかりするの?」と疑問

メラニア夫人と全く噛み合わなかった昭恵夫人

メラニア夫人と全く噛み合わなかった昭恵夫人

 就任後初のアジア歴訪のため、11月5~7日に来日したドナルド・トランプ米大統領(71才)。長旅の疲れも見せず、来日初日に霞ヶ関カンツリー倶楽部(埼玉・川越市)で安倍晋三首相(63才)とのゴルフを楽しんだ。

 その間、安倍首相夫人の昭恵さん(55才)もメラニア米大統領夫人(47才)のホスト役を務めていた。そもそも昭恵さんとメラニア夫人は、ファーストレディーとしては対照的な存在だ。

 昭恵さんは“家庭内野党”を自称し、しばしば夫を批判するぐらい政治的な活動をすることが好き。「首相夫人」としてどこにでも顔を突っ込みたがることが災いし、森友学園騒動を招いてしまった。

 一方で、メラニア夫人は政治的なことにはほとんどタッチしない。息子・バロンくん(11才)の母親として日々の生活を送ることに集中していて、学校の送り迎えはもちろん、教育のために、多忙な夫とは別居生活を送っているほどだ。

 「メラニア夫人が各国の首脳夫人と会って話す話題といえば、もっぱら“子育て”についてだそうです。でも、昭恵さんはお子さんがいませんし、もっと女性の活躍について話したいというタイプ。オバマ前大統領のミシェル夫人に傾倒していたということもありますし、そもそも話が合わない2人なんです」(官邸筋)

次ページ“酒は身を滅ぼす”という主義で、口にしません

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ