安倍首相「ハイレベルの往来を通じて日中関係を新たな段階に押し上げていく」

 安倍晋三首相は11日夕(日本時間同日夜)、中国の習近平国家主席とベトナム中部ダナンで会談し、両国関係の改善推進で一致した。首相は会談後、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮への対応について「日中の連携を深めていくことで一致できた」と同行記者団に語った。安倍首相の発言の詳報は次の通り。 

 今回の会談は友好的な雰囲気の中で、かつくつろいだ雰囲気の中で、率直で胸襟を開いた意見交換を北朝鮮の問題を含め、国際的な課題、あるいは2国間関係について行うことができた。そして、会談の締めくくりに、習主席から「今回の会談は日中関係の新たのスタートとなる会談だ」との発言がありましたが、全く同感でした。

 北朝鮮の問題についても議論を行いましたが、北朝鮮情勢が重要な局面を迎える中、中国の果たすべき役割は非常に大きいわけでありますが、日中の連携を深めていくことで一致できました。これは大変有意義だったと思います。

 また、両国の連携は地域の平和と安定のために極めて重要です。東シナ海での(自衛隊と中国軍の偶発的衝突を防ぐための)海空連絡メカニズムはかなりの前進をみていますが、早期の運用開始に向け、協議を加速していくことで一致しました。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ