希望の党・玉木共同代表 党代表の小池氏と初顔合わせ「希望の持てる会談だった!」

 希望の党の共同代表に選出された玉木雄一郎氏は10日夜、都内のホテルで小池百合子代表(東京都知事)との初会談に臨み、外交や教育分野について意見交換を行った。小池氏は党執行部人事について、玉木氏に一任する考えを伝えた。玉木氏は会談後、「希望の持てる会談だった。小池氏と協力してやっていけると思う」と記者団に語った。玉木氏の記者団との主なやりとりは以下の通り。

 --小池氏と何を話し合ったか

 「実は本格的にゆっくりと小池代表と話をしたのは初めてだった。外交、子供政策など多岐にわたる分野について率直に意見交換した」

 --小池氏の印象は

 「率直にいろいろな意見を交換できてうれしく思う。これから本当に協力してやっていけるという実感を得た」

 --党の柱に据える政策などは協議したのか

 「生活に密着した政策をしっかりやっていこうという話で一致した」

 --安全保障法制や憲法9条改正については

 「込み入った話はしていない。私がこういうことを共同代表選で訴えた、あるいは投票直前にはこういった話をしたと紹介した」

 --党執行部人事については

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ