民進・大塚耕平代表「疑念は何も晴らされていない」と批判 加計獣医学部認可答申

 文部科学省の審議会が10日、学校法人「加計学園」の獣医学部新設を認可するよう答申したことについて、民進党の大塚耕平代表は10日、「疑念は何も晴らされていない」と批判する談話を発表した。

 談話では、安倍晋三内閣が閣議決定した獣医学部新設に関わる4条件を加計学園が満たしたと確認できる資料について政府が提示していないとし、「獣医学部新設を認めるため、行政がゆがめられたのでないか、という疑念は今もってまったく何も晴らされていない。認可の答申を行ったことは理解しがたく、極めて遺憾だ」と批判を展開した。その上で、加計学園の加計孝太郎理事長を国会で証人喚問するよう求めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ