トランプ氏来日 小野寺五典防衛相、米国製防衛装備「計画的に取得」

 小野寺五典防衛相は7日の記者会見で、トランプ米大統領が日本に米国製の防衛装備品の購入増を求めた経緯に関し、「防衛計画の大綱と中期防衛力整備計画(中期防)に基づき、米国製を含めて計画的に取得している。今後も着実に防衛力を整備していく」と述べた。現行計画に沿い取得を進める考えを強調した発言。

 小野寺氏は最新鋭ステルス戦闘機F35Aや新型輸送機オスプレイなど、すでに米国製装備品の導入を進めている現状に言及。一方で、こうした装備品の購入増が、弾薬など補給関連予算を圧迫しているとの記者団の指摘にも同意し、「弾薬などの必要量を確保することも重要だ。予算に反映させたい」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ