トランプ氏来日 立憲民主党・福山哲郎幹事長「北朝鮮問題、『対話につながる圧力』を期待」

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は6日、安倍晋三首相とトランプ米大統領の会談を受け「北朝鮮情勢が緊迫している中で、日米の首脳が緊密に話し合いをしたことについては率直に評価したい」と述べた。国会内で記者団に語った。

 福山氏は「北朝鮮問題について首脳間でかなり突っ込んだ話し合いが行われたと考えるのが普通だ」との見方を示した。その上で、「圧力を高めることについては一定評価をする。『対話につながる圧力』を高めるという内容であることを期待したい」と指摘した。

 さらに「共同記者会見だけでは詳細は分からないので、安倍首相には、国会で日米首脳会談の内容について国民にしっかり説明をいただくように求めていきたい」とも訴えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ