日比首脳会談 北朝鮮の核・ミサイル・拉致に対し国際圧力強化へ

 安倍晋三首相は30日、首相官邸でフィリピンのドゥテルテ大統領と会談し、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対し、国際社会による圧力強化のため緊密に連携していくことで一致し、国連安全保障理事会制裁決議の厳格な履行の重要性を確認した。中国が南シナ海で海洋進出を強めていることを念頭に、航行の自由など海洋秩序維持の重要性についても認識を共有した。

 会談後の共同記者発表で、安倍首相は「同じ海洋国家で、基本的価値や戦略的利益を共有する日本とフィリピンが、北朝鮮の核・ミサイルの問題、拉致問題の早期解決、自由で開かれたインド・太平洋の実現を含め、地域の共通の課題に協力して対応していくことを確認した」と述べた。

 ドゥテルテ氏は「われわれの一番の懸念は北朝鮮による度重なるミサイル実験だ」と述べ、「実験を非難し、すべての当事国が平和的解決に向けた交渉のテーブルにつくよう呼びかける」と訴えた。

 両首脳は、今後5年間の両国の経済協力に関する共同声明を発表。安倍首相が今年1月にマニラで表明した5年間で1兆円規模の官民支援に関する、具体的な協力分野を明記した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ