小池代表「自公政権許すな」 神奈川で希望候補を応援

 新党「希望の党」代表で東京都知事の小池百合子氏は12日、川崎市幸区の商業施設前で衆院選候補者の応援のため街頭演説を行い、「何のためか分からない選挙に、700億円もかけている」として、衆院を解散した安倍晋三首相を批判。沿道を埋めた聴衆に「このまま自公政権が続くことを許していいのか」と呼びかけた。

 小池代表は、都の情報公開制度の透明化を図った実績をあげた上で、森友・加計問題にまつわる政権運営の不透明さを指摘。「議論をするほど、袋小路に入り、政治の不信を招いている」「安倍一強政治の緩みをただす」などと訴えた。

 神奈川県では同日、社民党の福島瑞穂副党首が平塚市内で候補者の応援を行い、幸福実現党の釈量子党首も横浜市内で遊説を行った。13日には民進党の前原誠司代表が相模原市などで街頭演説を行う予定。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ