宮城県知事選の投票用紙、誤交付 仙台市青葉区

 仙台市青葉区の選挙管理委員会は12日、衆院選と同じ今月22日に投開票の宮城県知事選の期日前投票で、投票用紙の誤交付があったと発表した。有効票として扱われる。

 区選管によると、8月に青葉区から関東地方に転居した20代男性が11日、期日前投票に訪れた。県外に転出した時点で知事選の選挙権はなくなっており、衆院選と最高裁裁判官の国民審査の用紙のみを交付すべきだったが、誤って知事選の用紙も渡した。受付担当の女性アルバイトが十分に確認しなかったのが原因という。

 区選管は「しっかりと現場に注意喚起し、的確、適正な作業に努めたい」としている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ