群馬県情勢 共産、3区の候補予定者取り下げ 立憲民主と一本化 

 共産党群馬県委員会は6日、群馬3区に立候補予定の新人、渋沢哲男氏の擁立を取り下げ同日、立憲民主党から公認を受けた長谷川嘉一氏に一本化、自主的に支援に回ると発表した。一方、連合群馬は同日、民進党県総支部支援下の立候補予定者3氏の推薦を決定、野党の構図や支援体制が徐々に整ってきた。

 6日、県庁で会見した渋沢氏は「野党が共闘し、安倍政権を打倒するという大義の旗を最後まで掲げるには(立憲民主と)一本化するという結論に至った」と説明した。3区はこれまで市民団体を中心に野党共闘を模索、渋沢氏と長谷川氏が同じイベントに参加し市民らと政策について協議を重ねてきた経緯がある。

 長谷川氏が希望の党からの出馬意向を示した際は、「共闘の道は閉ざされた」(渋沢氏)が、立憲民主からの出馬を決意したことで「安保法制廃止や立憲主義回復を訴える立場に戻ってきてくれた。立憲民主からの出馬の決断にエールを送る意味も含め、取り下げた」(同)とした。県委員会は取り下げは「バーターではない」とした。

 長谷川氏は一本化について、太田市の事務所で報道陣に「安倍政権に対する対抗勢力として議席を確保する上で、票の分散は良くない。共産党が自主的に判断されたことはありがたい」と語った。立憲民主の公認を受け「民進党時代、安倍政権に対抗してきた思想信条は変わらない。公認は名誉なこと」と話した。

 ただ、共産党も3区以外で候補者取り下げの予定はなく、5区も社民党との調整が難航、それぞれの候補者を擁立して挑む。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ