小池知事定例会見録 二足のわらじ、危機管理「問題ない」 公務、いままで通り「当然こなす」

 --東京電力の柏崎刈羽原発は電気を首都圏にも供給しており、都民にも関係が深い。再稼働についてどう考えるか

 「今回の決定でございますが、原子力規制委員会が発表したものでございます。いろいろな面からの安全性の確保という観点からご判断されたものであり、この規制委員会の結論というのは尊重すべきものだと思っております。一方で、新潟県の方で、その安全性についてはまたご議論があるとは聞いておりますが、私は考え方の整理といたしまして、大消費地である東京の都知事として、また東京電力の大株主として、この点については、まず規制委員会の結論というのを尊重するというのが1点。それから、2点目が、やはり地元の方々の、これは他の原発の再稼働のときもそうでありましたけれども、これについては避難の確保が必要であるといったような、この2点が重要な要素かと思います。これについて、それぞれ地元で避難ルートなどの確保等についてのご議論、そしてまた、それを強化されることだと認識をいたしております。いずれにしましても、この判断というのは、まずはこの規制委員会の判断が出たということは尊重すべきではないかと考えております」

 --二足のわらじのことで先ほどミッテランさんの例を出した

 「ミッテランじゃない。シラクさん」

 --シラクさん。すみません。大阪の橋下さんが以前に、地方の首長と国会議員の兼職の解禁を国に要望するということがあった

 「良いご質問、ありがとうございます。一つそのような形で、地方の自治をもっと国政に届けるということは、工夫があってよいのではないかと思います。ただ、これも選挙制度であるとか、そういったところまで遡らなければなりませんので、その選挙制度も含めて考えるということになると、かなり大ごとになるかとは思います。ただ、海外においてはそういう例もあるということを参考にしながら、より地方の声を届けるにはどのようにしたらいいのか。特に、参議院では合区の問題が出てきております。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ