小池知事定例会見録 二足のわらじ、危機管理「問題ない」 公務、いままで通り「当然こなす」

 「その中から、大島町の関係者などで構成した審査会が選定をいたしまして、その最優秀賞をチームの名称とロゴマークに決定したわけでございます。とてもわかりやすいのですけれど、名称は、キョンを捕るというので、『キョンとるず』に決まりました。受賞者が、私立女子学院高校3年生の大久保美里さん。キョンを捕獲するという目的を短くわかりやすく言い表しているということで、今回、大久保さんの案、『キョンとるず』に決まったわけでございます。その上で、今度、ロゴマークでありますけれども、目隠し、犯罪者ではないのですけれども、目を伏せているのは、まだ名前が決まってない段階のものだからでありまして、こちらの受賞者は、まさしく大島町の学校でございますが、都立大島高校2年生の金森仁亜さんという女子高生からお寄せいただいたものでございまして、この二つを合わせて、チームのマークとして活用して、メンバーが一致団結して、キョン捕獲への取組が一層進むことを期待をいたしております」

 「この他、優秀賞として、いろいろな作品をいただいていることから、2作品を、それぞれ選定をいたしました。最優秀賞を受賞したお二人に対しましての表彰式については、11月6日に開催をいたしまして、私から表彰状をお渡しするという予定となっております。詳細は、環境局にお聞きください。ということで、今日はこの2点についてのご報告およびご案内でございました。では、どうぞ」

 --幹事社から、まず2点。まず、知事と国政政党代表の二足のわらじについて。希望の党として、今後、全国遊説で都庁を離れることで、危機管理に問題が生じないか

 「先日も鹿児島に参りました。そういったことはしばしばあることでございますので、それについては問題がございません。ちゃんとその意味で担当者がいるということであります」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ