衆院選後に安倍氏と小池氏「改憲大連立」の予感 議席数次第で問題決着の好機 八幡和郎氏が緊急寄稿

 いつまでも、「押しつけ憲法だ」とか、「護憲でなければ平和国家の理想が失われる」といった硬直的議論を続けるのは無益だ。中道派も納得できる温和な内容で、改憲問題を決着できるなら、逃すべきでない絶好のチャンスが、この衆院選後に来るのかもしれない。

 と思うのは、甘い期待だろうか。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ