公明・山口氏「実績ある政策訴える」 共産・志位氏「自公と補完対共闘対決」 社民・吉田氏「絶好の党再建チャンス」

 共産党・志位和夫委員長

  希望の党は安倍晋三政権最大の援軍になっている。野党共闘をつぶし、野党を分断した。安全保障関連法や憲法9条改正を容認しており、自民党の補完勢力に他ならない。

 今度の選挙の構図は「自民、公明両党とその補完勢力対、市民と野党の共闘」という2極対決だ。希望の党を入れた3極ではない。

 自衛隊は安全保障関連法に基づき米軍に給油や米艦防護をしているが、仮に米国が軍事的選択肢を取れば、日本の自衛隊が一緒になって戦う。米国の一存で日本が戦争の当事国になるリスクも考えるべきだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ