小沢一郎氏に「小池百合子氏登場の今こそ引き際」との見方も

 〈小沢君に近かった人ほど、彼に強い憎しみを持つと言われるくらいだが、私はそこにこそ、この才能に恵まれた男の最大の弱点があるのではないかと思う〉

 ハマコーは小沢氏が自民党を飛び出して反自民の細川連立内閣をつくった直後、『日本をダメにした九人の政治家』の中でそう喝破した。外交評論家で元駐レバノン大使の天木直人氏が言う。

 「世代交代は簡単ではない。自民党の世代交代は“魔の2回生”たちで完全に失敗した。それなら、野党に国民の期待に耐えうる政治家が登場するチャンスでもある。長老である小沢氏や亀井氏は、もう役割を終えてもいいのではないでしょうか。野党には自民党から政権を奪える政治家はなかなか見当たらないが、小沢氏の存在が道を塞いでいるのかもしれない。小池百合子という安倍首相を手玉に取るようなトリックスターが登場したいまこそ、引き際ではないでしょうか」

 与野党の長老政治家は、この際、一斉に身を退いてもらおう。それで“古い政治”も“しがらみ”もリセットできる。そこから新しい政治がスタートするのだ。

 ※週刊ポスト2017年10月13・20日号

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ