猪口幸子氏は支援せず 群馬民進総支部 比例は自主投票

 民進党群馬県総支部(黒沢孝行会長)は5日、常任幹事会を開き、希望の党から出馬する宮崎岳志氏(1区)らへの支援体制を再確認、比例区に関しては事実上の自主投票にすると決定した。希望の党が独自候補として公認した猪口幸子氏(5区)については事務手続きを除き「ノータッチ」とし事実上、支援しない方針。

 県総支部が支援する民進系の宮崎氏、不破弘樹氏(4区)は希望の党から出馬し、長谷川嘉一氏(3区)は立憲民主党からの出馬を目指し分裂したが、支援体制に変更はなく、「選挙区選対で勝利に向けて頑張っていく」(黒沢会長)と確認した。比例区の対応は、分裂を受け県総支部として希望の党か立憲民主党かを選択するのではなく、各議員の支持団体との協議なども踏まえ、「個々の意思で判断する」とした。

 一方、県総支部の意思と関係なく希望の党が5区で公認した猪口氏について宮崎氏らと同レベルの支援をするかが注目されたが、黒沢会長は幹事会後、これまで全く事前調整がなかったとし、「希望の党の独自候補と民進から合流組、すりあわせが全くできていなかった」と説明、対応は「ノータッチ」とした。

 ここまで民進は5区で優勢な自民党の小渕優子氏に明確な対抗軸を示すため社民の高橋宣之氏を推薦、幹事会でも従来通り「党本部の事情はあるが、群馬での協力関係を大切にする」と確認した。ただ、これで猪口氏と高橋氏が票を奪い合う構図が決定的となった。

 共産党は本部レベルで立憲民主党との共闘に前向きな姿勢を示し長谷川氏の動向が注目されるが、支持団体・連合との関係などから民進党県総支部としては「積極的な働きかけはしない」(黒沢会長)方針。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ