希望の党・猪口幸子氏 群馬5区出馬を正式表明 「群馬県民からの審判は光栄」

 希望の党から公認された医師の猪口幸子氏は5日、群馬県前橋市内で記者会見し、5区で出馬する意向を正式に表明した。5区は自民前職の小渕優子氏が圧倒的な支持を得ている「保守王国」だが、首相を輩出してきた群馬の歴史に触れ、「優秀な県民の方々から審判を受けるのは光栄だ」と挑戦に意欲を見せた。

 出馬の理由を「現在の日本の子育てを取り巻く環境や非正規雇用の多さに問題意識を持ったからだ」と説明。主な政策として「原発ゼロ」を挙げ、「災害が多い日本の未来に原発を残してはいけない」と訴えた。

 また、北朝鮮問題については「日本が圧力をかけて1発でもミサイルを打たれたら死者が出る」と述べ、対話の余地があるとした。

 猪口氏は埼玉県秩父市出身の61歳。山形大学医学部を卒業後、医院を開業。現在は葛飾区の医療法人で理事長を務めている。希望の党・若狭勝氏の政治塾「輝照塾」の塾生。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ