「小池リスト」は泣く子も黙るデスノートか 山尾氏に刺客、菅官房長官や枝野氏も標的

 小池百合子都知事率いる希望の党は、対立政党や著名政治家を粉砕するため「刺客」を次々と送り込む構えだ。自民党の菅義偉官房長官=神奈川2区=や、立憲民主党を設立した枝野幸男元官房長官=埼玉5区=、9歳下の既婚弁護士とのW不倫疑惑で民進党を離党した山尾志桜里前衆院議員=愛知7区=らの選挙区に独自候補を擁立するという。狙われた面々は、小池リストを蹴散らすのか、泣く子も黙る「デスノート」と受け止めるのか。

 希望の党は3日午後、衆院選の第1次公認候補を発表したが、同日朝までに明らかになった原案によると、当然、刺客も準備していた。

 まず、自民党では、菅氏をはじめ、佐藤勉元総務相=栃木4区=や、茂木敏充経済再生担当相=同5区=、斎藤健農水相=千葉7区=、浜田靖一元防衛相=同12区=、石原伸晃元幹事長=東京8区=、下村博文前文科相=同11区=、萩生田光一幹事長代行=同24区=、高市早苗前総務相=奈良2区=らの選挙区がリストアップされている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ