衆院選 希望の党公認発表会見詳報(3完)若狭勝氏「首相指名は選挙結果を踏まえて」 玄葉光一郎氏「民進党は左に寄りすぎた」

 --河村たかし名古屋市長は希望の党からの出馬を検討したが断念した。その河村氏の地域政党から2人公認されているが、この調整についても総合的に考えた結果なのか

 細野氏「河村たかしさんの政党の人という認識では公認していない。希望の党に入りたいと手を挙げていただいたそれぞれの方をしっかり見させていただいた上で、個別に判断し、こういう形になっているということだ」

 --公認された候補の中には「まだ政策協定書にサインしていない」と言っていた人もいる。政策協定書の中身を少し緩やかに、妥協した部分はあるのか

 玄葉氏「私は、今日発表された方々はすべてサインしているという認識だ。もともとの政策協定書の原案はあるが、私と若狭氏がよく擦り合わせ、結果として一番適切な文書にしていったつもりだ」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ