衆院選 希望の党公認発表会見詳報(3完)若狭勝氏「首相指名は選挙結果を踏まえて」 玄葉光一郎氏「民進党は左に寄りすぎた」

 細野氏「極めて大切な政策だ。ただ民進党のあり方と大きく違うものであれば確認が必要だが、その部分にはついては極端に変わるということではないので。たくさん入れても項目として優先順位も分からなくなるので、それで入れなかったということだ」

 --民進党の前原誠司代表は両院議員総会で「全員が公認候補になれるよう尽力する」と述べたが、すでに希望しても公認から漏れた候補がいる。前原氏の言葉通りに進まなかった点について、どう受け止めるか

 玄葉氏「その点は本当に申し訳ないと思っている。他方、一定の政策の枠に収めていくということも大事ではないかという思いがあるのも事実だ。私の見解だが、民進党は政権を担う受け皿になるためにはちょっと左に寄りすぎたと思っていた。したがって右へ右へともう少しシフトさせていく。私の言葉で言えば『穏健な保守中道』にシフトさせないと、政権交代可能な受け皿にはならないという認識でいたので、私は今回の実質的な合流はこれから政権交代可能な政治にしていく上で大変なチャンスだという認識で、大変厳しい作業だったが調整をさせていただいた」

 「その中で、北海道連の方々が本当に全員、心の底から希望されたかというと、やっぱり政策や理念の面でちょっと違うのではないかと思われていた方々もいたと思う。こういう形になるのは残念だが、むしろ公認を希望されなかった方々も多かったというのが私の認識だ。そういう意味では、仲間ではあるが、日本の政治のためにこういう形である意味すっきりしていくのも必要なことかなという思いもなくはないということだ」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ