東国原、上西氏に立憲民主党から出馬のススメ「主張して来た理念・政策は一致するのでは?」

 元宮崎県知事でタレント、東国原英夫(60)が3日、ツイッターを更新。衆院選(10日公示-22日投開票)に立候補しない意向を表明した上西小百合氏(34)に対し、民進党の枝野幸男代表代行(53)が結党を表明した立憲民主党からの出馬を勧めた。「上西氏は無所属でも出馬するという政治家としての矜持・信念・根性は無いのか」と投げかけ、「上西氏は、立憲民主党からの出馬はどうだ? 彼女がこれまで主張して来た理念・政策は一致するのでは?」と問いかけた。

 上西氏は先月25日に会見した際、衆院選不出馬の理由として「勝てないから」と説明。東国原はツイッター上で、「まぁ、基本『政治的にバカ』『政治的に才能無し』ですからね。仕方無いですよね。政治的に才能あれば、今回の選挙にも出れて当選していた筈。過激なクソみたいな言動で負の知名度を上げる事と政治的に正の知名度を上げる事は全く違いますからね」とバッサリ切り捨てていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ