枝野新党「立憲民主党」のネーミングに「古くさい」「堅い」

 枝野幸男氏の新党「立憲民主党」のネーミングに対し、識者からは「分かりやすい」と評価する声が上がる一方、「古くさい」「堅い」との意見も聞かれた。

 「立憲主義を守るという方向性や旧民主党の原点に戻ろうとの理念が明確になり、有権者に分かりやすい」と評価するのは、独協大の右崎正博名誉教授(憲法)。

 政治アナリストの伊藤惇夫氏は「目指す方向性を示しており、政党名としてはふさわしい」とする一方、近年は「希望」や「こころ」など政党名にも“ソフト路線”が顕著だとして「古くさいという印象がある」とも。

 コラムニストの辛酸なめ子さんは「一度は政権を取り、多くの有権者に慣れ親しまれてきたこともあり『民主党』という名称を残したのでは」と指摘。新たに加わった「立憲」という言葉については「頭は良さそうだけど、お堅いイメージがある。一般にはちょっと違和感があるかもしれない」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ