衆院選 民進元代表代行の安住淳氏「完全無所属で」

 民進党の安住淳元代表代行は2日午後、地元の宮城県石巻市で記者会見を開き、「新党とかには、まったくおつきあいするつもりもない。今度の選挙は宮城5区から完全無所属で戦いたい」と衆院選に無所属で出馬する方針を表明した。

 安住氏は当初、自身も含めた宮城県の民進党立候補予定者5人で希望の党に合流する方向で考えていたが、公認申請が難航。これまで公認申請を提出していなかった。

 安住氏は「(候補者を)立てたプロセスに関わっているので、こぼれてきた人たちがいるのは残念だし、責任を考えているので総合的に勘案した」と、1日夜、党執行部に無所属での出馬の意向を伝えたという。

 「新しい党のイメージを出すためには私や野田(佳彦)さんのようなに、どこを歩いていても民主党だというような人間がいるのはよくない」とも述べた。

 枝野幸男代表代行がリベラル系前衆院議員らと結成する新党への参加も否定した。

 希望の党代表の小池百合子東京都知事については、「都会の人。俺は田舎の人だから情があるからね。ただ、ああいう風にバリバリっとやる人がいるのもいいんじゃないですか。ああいうスピードについていけない部分がある」と本音をのぞかせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ