突然の解散で慌ただしく、衆院選ポスター掲示板の設置始まる 大阪

 衆院選(10日公示、22日投開票)に向け、大阪市選挙管理委員会は2日、候補者用のポスター掲示板の設置を始めた。突然の解散で公示日までの期間が短く、慌ただしい作業となった。

 掲示板は縦90センチ横219センチで、8人の候補者まで掲示が可能な8枠。同市選管では、公示前日の9日までに府内19小選挙区のうち大阪市内の1~6区の一部で2825カ所に設置する。

 初日の作業は3区の大正区役所前からスタート。同市選管の担当者は「啓発ポスターや看板も完成しだい掲示し、衆院選を周知していきたい」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ