「三都物語」早くもすきま風? 小池百合子、松井一郎、大村秀章3知事会見

 「選挙前、途中で3知事で街頭演説を行い、国民の皆さんに真の改革を問う機会にしたい」。希望の党代表の小池百合子東京都知事は30日、日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事、愛知県の大村秀章知事と大阪市内で開いた会見で“共闘”をアピールしたが、認識の食い違いもみられた。

 小池氏が今回の解散・総選挙について「理不尽」と批判した直後には、松井氏は「野党が総選挙を求めてきたので不平不満はない」ときっぱり。また、松井氏が堺市長選などに言及しながら「大阪政治の特色として、(維新に対して)自民・共産・民進が野党談合で戦うという…」と発言した際は、民進から候補を受け入れる小池氏は無表情だった。

 それでも連携に踏み切ったのは、それぞれが抱える選挙事情がある。小池氏は昨年の都知事選、今夏の都議選で圧勝して高い支持を誇るが、全国への浸透は未知数。小池氏の関係者は「維新とは連携という形だが、今回の会談は『希望』の地方進出の一環だ」。小池氏が特別顧問の「都民ファーストの会」の都議は「選挙協力で発信力を上げていける」と連携効果に期待する。

 一方、維新は市場移転問題で小池氏の移転延期を批判してきた。維新関係者は「維新と希望の両方が同じ選挙区に出れば、票が分かれて勝負できない」と苦しい事情を説明しながら、「今回はあくまでも国政での連携。小池都政の問題点を批判するスタンスは変わらない」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ