菅官房長官「慰安婦像の固定化につながりかねず、極めて遺憾」ソウル大使館前の像「公共物」指定に不快感

【歴史戦】

 菅義偉官房長官は29日午前の記者会見で、韓国・ソウル市の日本大使館前に設置された慰安婦像をソウル市鐘(チョン)路(ノ)区が区の公共造形物に指定したことに関し「慰安婦像の固定化につながりかねない。わが国の立場と相いれず、極めて遺憾だ」と述べ、強い不快感を示した。韓国側に日本の強い懸念を伝えたという。

 菅氏は慰安婦像について「ウィーン条約に照らしても極めて問題がある」として「韓国側に粘り強く、あらゆる機会を捉えて(慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決を確認した平成27年の)日韓合意を着実に実行に移すよう求めていきたい」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ