自民と対決姿勢 小池百合子氏、党首の顔鮮明、選挙モードの一日に

 希望の党を率いる小池百合子東京都知事は28日、日本記者クラブで記者会見し、安倍晋三首相に対して「消費税の使い道で信を問うのはお門違い」など批判を展開して対決姿勢を鮮明にした。民進党からの候補受け入れについては野合批判を念頭に選別していくことを強調。この日は一度も都庁へ登庁せず、選挙モードの一日となった。

 「飛んで火にいる何とかになった」。8月に予定されていた会見が都議会臨時会のため延期され、解散日に重なったことをこう表現した小池氏。安倍政権を「加計学園の『お友達優先の特区』など、しがらみの中での改革は改革とは言わない」と批判し、女性活躍への取り組みも「本気度は足りない。女性を大臣に入れればいいというものではない」と皮肉った。

 民進からの候補受け入れに関する質問には「安保法制の時に賛成しなかった人はそもそも来られない」との考え方を示した。

 注目が集まる衆院選出馬は改めて否定した上で、「いろいろと原稿を書いている皆さん、『次の都知事選候補者は誰』というのはあまり受けないと思う」とクギを刺す場面もあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ