元通産官僚で評論家の八幡和郎氏「野党不在解散」

 「緊迫する北朝鮮情勢の中、日本の断固とした姿勢を示す意味で、この時期に解散を選んだことは理解できる。だが野党は『森友学園、加計(かけ)学園の疑惑隠しの解散』で終始し、肝心な政策批判ができていない。希望の党の動向が注目されているが、憲法改正など安倍首相と小池氏の政策に大きな違いがあるとはいえない。有権者からすると“争点がない選挙”となるだろう」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ