小池百合子知事会見速報(3)もし過半数取ったら首相は?「いろいろ考えていきたい」

 小池百合子東京都知事の会見は続いている。

 小池氏は、「希望をきちんと皆さんに提供し、日本を今こそ変えるという改革の流れを今確実にしていかなければ。これはある意味日本が大きく変わる、安定して変わっていくラストチャンスになるのではないかと思っている」と述べた。

 さらに、「このように北朝鮮情勢が厳しい中、そもそも2019年の消費増税の使い道について信を問うのはお門違いと言わざるを得ない」と指摘。「しかしながら、今日、衆議院が解散したなら、改革のチャンスと活用し、国民のみなさんに改革の流れをもう一度あきらめずにやっていくのかどうかそのことを問うていきたい」と述べ、冒頭の発言を終えた。

 会見は、司会者による質疑応答に移った。

 --今回の選挙で政権奪取という意志か

 「最初から野党をねらって選挙を臨むことはない。やはり政権選択選挙が総選挙。私が最初スタートしたのは参院議員。次に日本新党から衆院議員にくら替えして臨んだ。そのときに分析したのは、なぜ新自由クラブは政権をとれなかったのか。簡単でした。候補者が足りなかったから」

 「やはり有権者に選択肢を示すことが重要。もちろん、だれでもいいわけではない。しかし、選択肢がなければ投票先がないということ。その意味でできるだけ多くの候補者を擁立していく意志をもっている」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ