どこか軽い…小池新党設立 新たな「しがらみ」抱えてどこへ向かうのか

【阿比留瑠比の極言御免】

 「しがらみのない政治をつくり上げる」「しがらみのない改革を大胆に行っていかなければならない」

 小池百合子東京都知事は27日、自らが代表を務める国政新党「希望の党」の設立記者会見で「しがらみのない」と8度連呼した。代表就任を表明した25日の記者会見でも何度も「しがらみ」を否定し、それが小池氏の目指す政治の方向性であることは間違いない。

都議会本会議後、報道陣の取材に応じる「希望の党」代表の小池百合子東京都知事=27日夜、都庁

都議会本会議後、報道陣の取材に応じる「希望の党」代表の小池百合子東京都知事=27日夜、都庁

 辞書を引くと、しがらみとは「せきとめるもの、まといつくもの」とある。確かに加計学園の獣医学部新設に対し、既得権益を守りたい業界団体や文部科学省が頑強に抵抗したことをみても、しがらみにがんじがらめでは改革は進まない。

 ただ、それを小池氏があまり強調すると違和感を覚える。しがらみのない政治は、ゆき過ぎると「情のない政治」に堕すのではないか。民進党というしがらみの塊を新党に受け入れて、何がしたいのか。

 有権者の代表である政治家は、誰しも一定の利益団体やある種の政治傾向を持つ支持者らを持つ。そうした立場の異なる政治家同士の切(せっ)磋(さ)琢(たく)磨(ま)や駆け引きと妥協が政治だといえる。だがそれにしても、小池氏は言行不一致ではないか。

次ページ小池氏といえば、日本新党、新進党、自由党、保守党、自民党と渡り歩き…

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ