民進・前原誠司代表「候補擁立せず希望の党に公認申請し全力で支える」 両院議員総会で衆院選対応示す

 民進党の前原誠司代表は28日午後の両院議員総会で、10月10日公示-同22日投開票の日程で行われる衆院選の対応について、同党公認候補を擁立せず、小池百合子東京都知事が代表を務める「希望の党」に候補予定者の公認を申請し、希望の党を「全力で支援する」との文書を配布した。「総選挙の対応について」と題した文書の全文は次の通り。

 一、今回の総選挙における民進党の公認内定は取り消す。

 二、民進党の立候補予定者は「希望の党」に公認を申請することとし、「希望の党」との交渉及び当分の間の党務については代表に一任する。

 三、民進党は今回の総選挙に候補者を擁立せず、「希望の党」を全力で支援する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ