衆院解散 「審議を封じて解散するだけの国会には出ない」 野党4党、衆院本会議を欠席へ

 民進党の松野頼久国対委員長は27日、大島理森衆院議長と国会内で会い、28日の臨時国会冒頭での衆院解散に反対し、代表質問の実施や予算委員会での審議を求めた。「審議を封じて解散するだけの国会に出ることはできない」と述べ、大島氏が解散詔書を読み上げる予定の本会議には欠席する意向を伝えた。共産、社民、自由の各党も同調する。

 松野氏は、北朝鮮の弾道ミサイル発射を非難する国会決議を採択するように改めて要請。「国会審議や決議を行うのであれば本会議に喜んで出席する」と伝えた。大島氏は「承りました」と述べるにとどめた。会談後、松野氏が記者団に明らかにした。

 松野氏は共産党の穀田恵二国対委員長らとともに、野党4党として大島氏に国会での審議を申し入れた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ