安倍晋三首相、慰安婦追悼碑設置に強い懸念 「日韓合意の精神に反する」と離任する韓国大使に伝達

 安倍晋三首相は27日、李俊揆駐日韓国大使と官邸で面会し、韓国政府が同国中部の天安市にある国立墓地に慰安婦の追悼碑を設置すると発表したことについて「慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決を確認した日韓合意の精神に反する」と強い懸念を伝えた。

 李氏は大使交代に伴う離任のあいさつで官邸を訪れた。菅義偉官房長官も27日の記者会見で「(日韓関係に)水を差すことになりかねない」と韓国側の動きにくぎを刺した。河野太郎外相も26日、李氏に懸念を伝えていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ